パチンコの特殊景品の種類について!景品の価値はいくらになる?

パチンコで勝った時には特殊景品に
交換する方がほとんどですが、
どんな種類があるのか気になる方も
いるのではないでしょうか。

とりわけ地域によって違うこともあるので、
店によっては特殊景品だと理解できずに
渡されて困惑することもあります。

店から懇切丁寧な説明がされる
訳でもないので、何も知らないと
取り乱してしまうかもしれませんね。

そこで今回は、パチンコの
特殊景品の種類についてお伝えします。

あなたのパチンコ生活に、
お役立て下さいませ。


パチンコの特殊景品の種類はどんなものがある?

そもそもですが、パチンコの特殊景品とは
「お金に換金できる金地金入りのケース」
を意味します。

これをお店近くの交換所に持ち込んで、
現金化するのがパチンコの基本です。

大抵のお店では、お札のように
3種類の特殊景品を用意していることが
多いでしょうか。

ちなみに一昔前なら、ボールペンを
特殊景品として使われていた頃も
ありましたし、ライターが使われていた頃も
ありました。

最近では上記の金地金入りのケースが
主流ですが、仮に違うものを渡されても、
それはその店の特殊景品ですから、
交換所に持っていきましょう。


パチンコの特殊景品の金額は種類によって異なる

パチンコの特殊景品の種類は、
その金額によって3種類あることが
多いです。

明確な交換レートは一概に言えませんが、
お札でいう万札、五千円札、千円札の
ような感じになります。

またこのため、小銭部分に相当する
端数については一般景品に変えることが
多いです。

なんでこんな面倒なことを…と
不慣れな方なら感じるでしょうが、
本来日本では賭博行為は禁止されています。

パチンコ店は黙認されているとも
いえますが、だからといって大っぴらに
してもいい訳でもありません。

ルールはルールとして、
しっかり従いましょう。

ひとまず、次の章から
種類別にお伝えします。

1.大景品

まずは「大景品」です。

1万円以上を勝った人なら
分かりやすいでしょうが、3種類ある中で
一番サイズの大きいもの、あるいは
金地金の大きいものになります。

これを何枚もらえるかが、
パチンコでの勝負ポイントです。

沢山もらえた時には交換が楽しみで
仕方なくなるでしょうね。


2.中景品

次に「中景品」です。

これも3種類が手元にあるなら
分かりやすいでしょうが、
サイズが中間のものになります。

ちなみにケースの中にある金地金も、
サイズが少し小さいものが
使われているハズです。

大景品と比べれば喜びは半減でしょうが、
それでも小景品よりは喜べるでしょう。

3.小景品

最後は「小景品」です。

これは分かりやすく、一番色々と
小さいものが該当します。

もちろん換金時のレートも
一番小さいものです。

これ以下のものはありませんから、
小景品にも交換できない端数分については
お菓子や飲み物などの一般景品に
交換しましょう。

パチンコは出玉と景品を交換する?

パチンコは、出玉と景品を
交換するのが基本です。

例えばあなたも、夜店やゲームセンター等で
ゲームをして、勝った場合に限って
何か景品をもらった記憶が
あるのではないでしょうか。

初心者には敷居が高く
感じられるかもしれませんが、
パチンコはこの理屈と同じです。

そして景品は、大きく「一般景品」と
「特殊景品」に分類されます。

何も言わなければお金に換金できる
特殊景品に変えてもらえますが、
しっかり伝えれば特定の一般景品に
交換できる訳です。

何かお目当ての景品が
目に止まった時には、
それに交換してみましょう。


パチンコの景品を換金所で交換する?

パチンコの景品を一般景品ではなく
特殊景品でもらった場合は、基本的に
近くの換金所でお金に交換します。

直接お金がもらえる訳ではないので、
注意しましょう。

ちなみに一般景品なら、更なる交換の
必要性はないので、そのまま
持って帰って問題ありません。

また一般的には、パチンコ店近くの換金所で
交換するのが基本ですが、交換せずに
持ち帰ってもいいですし、金の
買い取り業者に持ち込んでもかまいません。

ただし、結局のところパチンコ店近くの
換金所が一番条件良く交換してくれますから
特に意味はありませんけどね。

パチンコで出玉とお金を交換しない理由とは?

パチンコで出玉とお金を交換しない理由は、
簡単にいえば
「日本では賭博行為が禁止されているから」
です。

出玉とお金を直接交換すると、法律違反に
なってしまうため、一旦は特殊景品に
交換して換金所で現金化する仕組みが
作られました。

一種の抜け道ですね。

厳密にいえば法律違反とも言われていますが
長年黙認されているのが実情です。

競馬や競輪などの公営ギャンブル場も
ある訳ですし、今さらパチンコだけ
ダメとも言えないのかもしれません。

ただし、最近では将来的な
パチンコ廃止法案も議論されているので、
注目です。

まとめ

気になる方は動画もどうぞ。

今回の記事では、
パチンコの特殊景品の種類について
最近は3種類あるとお伝えしました。

特殊景品も時代で変わりますが、基本的に
渡されたものを換金所に持ち込めば大丈夫。

一度交換すれば分かるでしょうから
あとは勝ちを目指して打ちましょう。

未分類



 

konkatsufpをフォローする
パチンコキングダム