パチンコの依存症の原因とは?ハマってしまう要因について徹底解説

大当たりの快感や喜びを味わいたいなど、
パチンコをする人の理由は様々です。

ストレスや嫌なことを忘れたいため、
大当たりがなくても楽しいと感じる人も
少なからずいるかと思います。

しかし中にはパチンコ依存症になる場合があり、
人間関係の崩壊や借金問題を抱えてしまうなど、
社会問題として扱われている面があります。

なぜ人はパチンコに熱中するだけでなく、
依存をさせてしまうのでしょうか?

その原因をまとめてみましたので、
自分にあてはまっているかどうか
チェックしてみてください。


パチンコにハマって依存症になる原因の心理とは?


出典:https://sukoshiten.com/

パチンコにハマってしまう原因は
人それぞれの理由があるかと思います。

しかし共通している内容があるのも事実で、
これからパチンコの依存症になる可能性は
誰もが持っていると言えるでしょう。

果たしてどんな共通点があるのか、
大きく6つの内容に分けてみましたので、
参考にしてみてください。

1.暇な時間がある

趣味を持っていないという人
ふらっとパチンコ店に遊びに行き、
ビギナーズラックで大当たりをすると、
そこからハマってしまうケースが多いようです。

  • また大当たりを引ける
  • もう一度大勝ちしたい

このように考えるようになると、
暇な時間を見つけて週に何度も
パチンコ店に通ってしまうようになります。

読書や料理などの趣味を持っていれば、
パチンコ店にいくことも減るため、
依存症に悩む人は趣味を見つけることも
改善手段の一つとなります。

2.真面目

実は真面目な人も
パチンコにハマりやすい体質です。

意外かもしれませんが、
真面目な人は遊び方が下手であり、
視野が狭いという特徴があります。

そのためパチンコを適切に遊ぶ方法を知らず、
気が付けばお金を入れ続けてしまい、
何とかして取り返そうと躍起になるのです。

パチンコがどういった遊びなのか、
まずは本質から知ることを始めていき、
余暇として過ごせるようにしてください。

3.寂しがりや

パチンコに限った話ではなく、
何かの依存症に陥りやすい人は
寂しいがりやが多いと言われています。

大当たりの楽しさや快感を知ると、
寂しさが紛れてしまって、
もう一度心のすき間を埋めるために
パチンコを打ちにいきます。

ギャンブルは人の弱みに付け込みますので、
寂しい気持ちを抱えていても、
強く自信を持って生きることが重要です。


4.ストレスを抱えている

パチンコを打つことによって
嫌なことやストレスから解放されるため、
ストレスを感じやすい人も
パチンコ依存症になりやすくなっています。

大当たりを引くことで
楽しさや快感を味わうことができ、
日常で抱えている問題を忘れさせてくれます。

そういった現実逃避の手段として
パチンコを打つ人が多くいますが、
辞めようとしても辞められないのも事実。

依存症になると負のスパイラルへと陥り、
より大きな問題を抱えてしまう場合もあるため、
注意してほしいところです。

5.お金が欲しい

一度パチンコで大勝ちを経験すると、
もう一回だけ一攫千金を手にしたいと
夢を見たくなる気持ちになります。

確かに楽をして稼ぐことができれば、
それはとても素晴らしいことですが、
現実はそう上手くいかないようになっています。

お金目的でパチンコを打つよりも、
堅実に働いて収入を得る方が堅実であり、
夢に近づく近道とも言えます。

6.負けず嫌い

誰もが負けたくないという気持ちを持ちますが、
その感情を表に出すことができない人は、
パチンコの依存症になりやすいです。

感情に出せないからこそ、
負けず嫌いの部分が誰よりも強くなり、
その強さがパチンコに反映されてしまうのです。

パチンコで負けたくないという気持ちになり、
投資を続けてしまっている状況になって、
引き際が分からなくなってしまうパターン
圧倒的に多くなっています。


パチンコに依存しないための対策はある?

気が付けばパチスロ依存症になる人が多く、
そこから抜け出せなくなってしまい、
悩み続けている人は多くいます。

そもそも依存しないための
特別な対策はあるのでしょうか?

いくつかの方法が考えられますが、
まずは熱中できる趣味を持つことです。

パチンコの時間よりも趣味を優先することで、
パチンコを打つ時間を減らすという方法が
対策として有効になります。

物理的にパチンコをできなくする方法もあり、
家族との旅行や友人と遊ぶ・飲みに行くなど、
有効的な時間の使い方もいいでしょう。

何より大切なのは、
パチンコで負けたお金をパチンコで取り戻す
という発想を持たないことです。

パチンコは負ける人が多いのが
当たり前のシステムになっているため、
そのことをしっかりと理解した上で打てば、
娯楽として捉えることができるでしょう。

まとめ

パチンコにハマる人の理由は様々ですが、
いずれも心に問題を抱えている場合が多く、
時間が余っている場合にも当てはまります。

依存症になる前に心がけてほしいのは、
負けても熱くならないこと
そして欲を持って遊ばないことです。

特に後者はデリケートな部分ですが、
お金が絡んでいる以上は勝ち負けの感情を
抑えることが難しいかもしれません。

しかしその気持ちを抑えることができれば、
パチスロの依存症になる可能性が低いため、
節度を持って遊ぶことが大切になります。

また別記事では、
依存症の克服方法を紹介していますので、
こちらも合わせてチェックしてみてください。

パチンコの依存症を克服したい!遊技を辞めるための方法について解説

未分類



 

川端光明をフォローする
パチンコキングダム