パチンコの確率の収束はいつ?ボーダーや期待値を分かりやすく解説

パチンコに多少なりとも慣れてくると、
大当たり確率の収束について
気になってくる方も
いるのではないでしょうか。

いつまでも大当たりが続いて欲しいと
思うものの、当たる事もあれば外れることも
あるのが確率の世界ですからね。

しかし、パチンコでは確率収束の理屈を
分かっていないと、せっかく勝っても
最後には負けてしまう可能性が高まります。

そこで今回は、
パチンコの確率の収束について
お伝えします。

そしてこれからも、ぜひ勝てるパチンコを
楽しんでいきましょう。


パチンコの確率が収束はいつになるの?

そもそもですがパチンコに限らず、
確率が収束に向かう時期というのは
分かりません。

ちなみに確率での収束とは、
何度も数を重ねれば最終的に理論通りの
結果に向かうことを指します。

例えばサイコロで奇数の目が出る確率は
2分の1ですが、100回やっても
キレイな2分の1には中々なりませんよね。

しかもパチンコでは、
300分の1などのような確率です。

仮に30000回回したとしても、
100回当たるかどうかは
微妙なところでしょう。

少なくとも、1日の間で
収束するような事はないといえます。


パチンコはその日のうちに確率が収束するわけではない?

確かに、パチンコではその日のうちに
確率が収束するような事はないとも
いえます。

確率の収束とは、それほど膨大な数を
重ねてこそ収束に向かうものだからです。

ただ、少なくともそれを体感するのは
事実上不可能ともいえ、仮に感じられても
「気のせい」レベルでしょう。

とはいえ、だからといって1日中
勝ち続けられるものかといえば、
それもまた現実的とはいえません。

どこまでいっても確率ですから、
当たる事もあれば外れることもあって
当然です。

いつかは大当たりが終了して当然ですから、
引き際だけはしっかり考えた方が
無難でしょうね。

パチンコの確率の収束を理解する!

パチンコの確率収束とは、もの凄く
簡単にいえば「外し続ければ、
その分だけ当たりやすくなる」
という理屈です。

逆に「当たり続けるほどに
外れやすくなる」とも言えます。

仮に300分の1の確率なら、最終的には
この確率に結果が収まるはずですから、
30000回くらい回せば限りなく
100回程度は当たるでしょう。

ただ現実問題として、
一日では30000回も回せず、
この10分の1がせいぜいでしょう。

またこの理屈を知らず、300回転に
近づいているから「そろそろ当たりそう」
と考える方も多いので、注意が必要です。

ひとまず次の章から、簡単に
確率収束についてタイプ別にお伝えします。

1.甘デジタイプ(1/99)の場合

まずは「甘デジタイプ」の場合です。

このタイプなら確率は99分の1、
ざっくり100分の1ですから、
仮に1日で3000回回せるとするなら、
これで30回当たる事になります。

1000回なら回せる人も
いるでしょうから、そうすれば
10回は当たる可能性が高いでしょうね。

そして、一応の理屈でいえば1000回転で
10回ですから、これを上回る大当たりが
出ている程に、ハズれる可能性は
一応高まります。

他人の後で打っても関係ありませんが、
一応覚えておきましょう。


2.マックスタイプ(1/399)の場合

そして「マックスタイプ」の場合です。

このタイプなら確率は399分の1、
ざっくり400分の1ですから、
仮に1日で3000回回せるなら、
これで7~8回当たります。

ただ、実際には1000回転程度という事も
多く、それなら1度も当たらなくても
不思議はありません。

逆に一日で、これを上回るほどの
回転は中々難しいでしょうから、
その大当たり数や収束も特に
気にしなくていいかもしれません。

幸運にも確変が続いたような場合だけ、
少し気にすると良いでしょう。

パチンコの当たる確率については?

パチンコの当たる確率というのは、
多くの人が誤解している
事象かもしれません。

例えば300分の1という確率なら、
300回回せば1度は当たる訳ではなく、
30000回回せば100回は当たるという
意味合いです。

そもそもの確率の理屈には、
注意すべきかもしれませんね。

ちなみに300分の1の確率というのは、
具体的な確率計算をすると、
当たる確率は約63%です。

300回回しても当たらなくても
不思議はない数字ではないでしょうか。

数字のマジックとも言えるかも
しれませんが、特に初心者は
注意したほうがいいでしょうね。


パチンコの外れる確率については?

パチンコの外れる確率は、先ほどの
当たる確率の逆になります。

つまり、仮に300分の1の確率なら、
300回回しても約37%の確率で
当たりません。

このため、仮に3人3台で
300回転したとしても、うち1人は
当たらない結果になっても
おかしくない訳です。

もちろん、3人とも当たる事もあれば、
全員が当たらない結果になっても
おかしくありません。

確率は不正さえなければ、
平等ですからね。

少なくとも、回転させ続けるほどに
当たる確率が上がっていく点は
間違いありませんから、ぜひ
楽しみながらパチンコを続けましょう。

気になる方は動画もどうぞ。

まとめ

今回の記事では、
パチンコの確率収束について

  • 一日では気にしなくて大丈夫
  • 外れる程に当たり、当たる程に外れる
  • 300分の1の確率は約63%

と伝えました。

むしろ一日なら、パチンコ好きな方なら
運気や流れを気にするものかもしれません。

考え方や楽しみ方は様々ですが
ついでに勝ち方も考えていきましょう。

なお、もっと確率を知りたい方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒パチンコの確率は嘘って本当?疑問に感じる人が多いのはどうして?

つい嘘かもと思ってしまいますよね。

未分類



 

konkatsufpをフォローする
パチンコキングダム